許認可業務案内 yajirusi 入札参加資格審査

 

入札参加資格審査
 
入札参加に向けて
 
公共工事の入札に参加するためには、経審を受けるだけではいけません。「入札参加資格審査申請」をし、入札参加を希望する発注機関へ有資格者名簿に登録する必要があります。
その際、建設工事では添付書類として「経営事項審査」結果通知書の写しが必要となります。
経審を受け、結果通知を受け取っていない建設業者は入札参加することができません。

 

 
 
 
入札に有利な許可業種
 
一般的に、発注者の格付け評価の対象となるのは、土木、建築、電気、管、舗装の5業種が多いようです。このほかに分離発注にふさわしい工事とされる造園、鋼構造物、水道施設、しゅんせつ、清掃施設、機械器具設置、とび・土工、電気通信、消防施設の9業種、あわせて14業種の工事は発注量が多く、許可を取得しておいた方が有利であると思われます。
入札参加を希望されるにあたり、地元の都道府県、市町村は必ず申請されることをおすすめしております。地元業者と言うことで、信頼も厚く入札参加できる可能性も高いためです。
 
 
 

 

 

お問い合わせ

 

(※お問い合わせボタンをクリックするとメールフォームが開きます)

 

 

■ お電話でのお問い合わせ、ご相談は0790−62−1772(大砂行政労務事務所)