許認可業務案内 yajirusi 建設業許可・各種変更届

 

 建設業許可・各種変更届
 
建設業者に対して消費者は安心・信用を求めています。
 
建設業者に対して消費者は安心・信用を求めています。建設業許可を取得することは社会的信用を得ることにつながります。
 
 
 
◎許可が必要な業者
 
1件の請負代金が500万円以上(建築工事は1500万円以上、延べ面積150u以上の木造住宅)を施工する建設業者は建設業許可が必要です。
 
 
 
許可取得要件1許可取得要件2
許可の区分として、一般建設業と特定建設業、大臣許可と知事許可があり、各建設会社の実態に応じた許可の取得が必要となります。
 
 
 
(許可に必要な要件)
 
(1) 経営業務の管理責任者を有すること。
(2) 専任の技術者を有すること。
(3) 財産的基礎等を有すること。
(4) 欠格要件に該当しないこと。
(5) 請負契約に関して誠実性があること。

 

 
 
 

(許可の有効期限)

 
許可の有効期限は5年です。許可を取得した後、5年ごとに更新をしなければなりません。

 

 

 
(許可の各種変更届)
 
こんな方はご連絡下さい
・毎年決算終了後4ヵ月以内に決算変更届を提出しなければ許可更新ができません。
・その他 住所、役員、資本金、電話・FAX等を変更したとき。
など
 
 
 

 

 

お問い合わせ

 

(※お問い合わせボタンをクリックするとメールフォームが開きます)

 

 

■ お電話でのお問い合わせ、ご相談は0790−62−1772(大砂行政労務事務所)